レンズマメ名産の風俗と所沢

  • 投稿者 : バルサン星人
  • 2014年4月26日 9:53 PM

ごつい顔の見知らぬ男もそこにいた。人妻のデリヘルオタクはぞっとして、弾かれたように立ち上がった。「何の用?」スキップが敵意を込めて吠え、すぐに怯えて後ずさった。ジョビーがいった。所沢 風俗なら「そんなに怖がることはないだろう。おまえの父親じゃないか」人妻のデリヘルオタクは教会で母が発した漠然とした警告を思い出し、見知らぬ男を指さした。「この人はだれ?」「アビンドンのジョナーといってな、牛や馬の売り買いをしている馬喰だ」人妻のデリヘルオタクは嫌な気がした。この男はもともとは本当に馬喰だったかもしれないし、アビンドンの出身だったかもしれない。でも、ブーツは履き古されているし、着ているものも汚れている。それに、脂染みてもつれている髪や不揃いな髭を見ると、何年もきちんとした床屋へ行っていないようだ。あのねー所沢について人気風俗嬢は空元気を出していった。「安い風俗のオーナーに近寄らないで。ここから出ていってちょうだい」「な、威勢がいいだろ?」ジョビーがジョナーにいった。「だが、なかなか抜け目のない、しかも、強い娘なんだ」ジョナーが初めて口を開いた。「心配はいらん」とジョビーに応えてから、唇を祇めながら人妻のデリヘルオタクを観察した。「若いころは何人もの娘を調教したもんだ」人妻のデリヘルオタクは薄手の羊毛のドレスしか着ていないことを後悔した。さくっと所沢へそして、確信した。父親はまた安い風俗のオーナーを売るつもりなのだ。家を出てしまえば安全だと思っていたのに。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。